近年急速に発展し需要が著しく伸びている太陽光発電。太陽光発電のソーラーパネルは大きく分けて2つ。

1つは様々な企業が設置している商業用の太陽光発電パネルです。
山や森を切り拓いて「こんな広い土地に何ができるんだろう」と思った事がある人も多いのではないでしょうか。

もう1つは戸建ての家の主に東向き、南向き、西向きの屋根の上に乗っている家庭用のソーラーパネルです。
最近の新築物件にはパネルが乗ってない方が珍しいくらい大人気の設備ですね。

ソーラーパネルのしくみは、簡単に言えば太陽から降り注がれる太陽光を電力に変換する役割を持った装置です。
そしてソーラーパネルによって変換された電力を家庭でそのまま使用したり、使用せずに余った分を電力会社に買い取ってもらうというのが家庭用の太陽光発電です。
発電量は乗せるパネルの種類や枚数によって様々です。

決して安価ではないソーラーパネルがこれ程までに急成長した理由は、もちろん売電できるメリットは大きいですが、最大の理由として環境に優しいというところではないでしょうか。
水力や風力など燃料を使用しない発電は太陽光以外にもありますが、大抵の発電には燃料が必要になります。
太陽光発電の燃料は太陽光なのであと50億年は心配ないでしょう。
環境破壊が騒がれている昨今、自然のエネルギーを有効に活用させていただき、みんなの力で緑豊かで住みやすい地球環境にしていきましょう。

太陽光発電について、詳しい情報はこちら⇒太陽光発電 しくみ

関連記事