通常、健康的な肌の場合はある程度化粧水をつけると十分に保湿され、それ以上は浸透しなくなってしまいます。
一方で、乾燥肌などのトラブルが起きている場合は、化粧水をつけても効き目が感じられないため、どんどん化粧水の量を増やしたり、パックなどに頼るようになってしまうことで、化粧水をつけすぎてしまうことにつながってしまいます。

例えば、化粧水を肌につけるコットンパックを、長くやりすぎてしまうとコットンが乾燥して、肌内部に浸透させた成分まで乾燥させてしまうことがあります。
顔の肌は思っているよりデリケートです。
パッティングとして何度もたたく行為は肌を傷つけてしまい、水分を逃がしやすくなってしまいます。
水分が逃げてしまうので、化粧水の量が必然的に増えていってしまうのです。
そして、化粧水を付けすぎることによるデメリットは、角質層が水浸しになってふやけてしまい、肌をもろくして、くずれやすくなってしまいます。
化粧水がお肌から蒸発するときに、皮膚の水分も一緒に出て行ってしまうと言われているからです。
なので、つけすぎは肌の再生能力を低下させ「化粧水に依存してしまう肌」を作る原因となってしまい、化粧水を大量に使うことにつながってしまうのです。

私はここを参考にしました⇒化粧水 20代

関連記事


    肌の乾燥が気になりはじめた私は、自分の基準からすると少し値段のはる化粧水を使うことにしました。 ところが、値段のことを考えると、たっぷりと肌につけることが出来ず、一日に一回、夜の洗顔後に、少量を使うだ…


    お肌の悩みって何ですか?べたつきやテカリなど色々あると思いますが、その中でも特にブツブツと目立つ毛穴の汚れが一番多いのではないでしょうか。 夏はせっかく男性との距離を縮められる恋の季節。 だけど、鏡を…