外科的な手術ってどの程度のものなのか知りたい

見た目も自然で審美的にも◎、しっかりと噛むことだってできる。
インプラントは歯の再建を願う人にとってまさに夢の治療法。
歯を失ったところに、第二の自分の歯として再建されることは
日々の笑顔のためにもぜひ実現させたいですね。

・高額な費用であることは納得している。
・長い期間をかけて通院することも理解した。
・あとは、痛みがないのかが気になる…

これらは、インプラント治療を受ける患者さんのほとんどが
抱く疑問や不安ではないでしょうか。

インプラントにおける外科的手術は、
歯ぐきを切開し顎の骨を削ることが必須です。
この削った部分にインプラントの部品を埋め込むことで
最終的に人工歯を被せるための土台ができるからです。

この土台を作る際の手術直後には、腫れや痛みが起こったり、
出血が止まりにくいなど患者さんによってさまざまではありますが
何らかの症状が出やすくなります。

しかし明らかに「これはおかしいぞ」と感じる症状があれば
我慢せずに歯科医に相談することが必要です。
例えば、術後の注意点やどんな症状になったら相談すべきかなど
手術の前にしっかりと確認しておくと安心です。

術中の痛みの心配はなし!不安にも対処法があります

手術ということは、もちろん局所麻酔をしますので
術中の痛みはありません。

また抜歯の経験がある方はその感覚がわかるかと思いますが、
手術が終了して帰宅した頃、麻酔が切れればじんわりと
痛みが出る程度と感じる患者さんがほとんどです。
痛みが強くなったと感じる前に、処方される痛み止めを飲むことで
対処できるので心配ありません。

ただ、そうは言っても「手術」と聞いただけで極度の緊張状態に
陥る患者さんもいることでしょう。
そんな時は、事前によく歯科医に相談してください。
不安や恐怖心を抑えることができる静脈内鎮静法で快適に、いつの間にか
手術が終わったと感じられるでしょう。

静脈内鎮静法とは、治療時に起こる患者さんの精神的ストレスを
軽減するために行う方法です。
あまりにも恐怖を感じたまま無理に治療を進めてしまうと、
心臓に大きな負担がかかり、血圧が上がったりとよくない状態になります。
そんな状況をコントロールできるのが静脈内鎮静法なのです。
具体的にはホッとしたりウトウトと気分がよいまま治療が終わるという、
患者さんにとっては大きなメリットのある方法です。

実際のインプラントを埋め込む時間というのは、
しっかりとした技術と経験のある歯科医であればおおよそ20~30分です。
それでも少しでも痛みがあったり恐怖心が強ければ
何時間にも感じてしまうでしょう。

静脈内鎮静法が存在するということは、それだけ特別な治療に対して
不安を抱く患者さんが多いということ。
このように安全で確実な方法があれば、ぜひ相談の上、快適に治療を受けて下さい。

関連記事

    None Found